リートセミナー Online

リートセミナー Online の内容


リートを自信をもって自分の解釈で音楽的に演奏するには、歌詞と音楽のリサーチが必要だと思います。
そこまでの道にたどり着くまでの過程を(一部ですが)Onlineコース強化するというものです。ピアニストにも歌詞の理解を願います。ドイツ語のひとつひとつの言葉だけではなく、文章の流れと重みがわかると音楽との絡み合いがすっきりわかり、演奏が明快になります。コロナ危機の緊急事態に伴って、5月10日から6月7日の毎週、日曜日17時から1時間をライヴ講座でお届けします。ライヴでは、一人一人に質問をしたり、話合いをしてもらったり、演習をしてもらったり、アクティヴに参加していただきます。なお時間のご都合が悪い方は、ライヴコースの録音をお受け取りになり、講座をたどっていくこともできます。
コースに申し込んでいただいた方は、詩の解説や音楽的ポイントが書いた資料を
PDFでお送りします。

 

対象

リートを愛する歌手とピアニスト。そして聞き手

コロナ危機で自粛を余儀なくされる中、リートの知識やスキルを伸ばしませんか?

講座 1 : ピアニストが知ってなくてはならないフレージング

510 R. シューマン
Du bist wie eine Blume

フレージングとハーモニーの関係。
ドイツ人の俳優の朗読も聞いてみましょう。(お申し込み後、メールで朗読録音をお送りします。)

60min.

講座 2 : 詩人の誇り ハイネ

ハイネの Aus meinen grossen Schmerzen 


517日  複数の作曲家よりハイネであれば何でも可能です。事前にリクエストをしていただきます。リクエストがない場合は、こちらで提案します。

60min.

講座 3 : ツバメのさえずり


5月24 J. ブラームス
Das Mädchen spricht
ブラームス の『少女の歌』シリーズについて。ブラームス は、様々な少女を主役に歌曲を書いています。これらを一つのグループにして、コンサートでとりあげるものいいですね。

Mädchenfluch Op.69-9
Mädchenlied Op. 85-3
Das Mädchen Op.95-1
Mädchenlied Op. 95-6
Das Mädchen spricht Op.107-3
Mädchenlied Op.107-5

 

60min.

講座 4 : それは、春だ!

531日 H. ヴォルフ、メーリケの詩 Er ist’s
詩人メーリケについても知りましょう。
ヴォルフの功績は、音楽でテキストをデクラメーション(朗読)できることです。ドイツ語の抑揚と流れが音楽と一体になった歌曲を書いています。春にちなんでこの曲を選びました。ピアニストは弾きごたえありますね。

60min.

講座 5 : 質問、発表講座

6月7日 質問、発表講座

質問コーナーや、これまでも成果を発表していただきます。講座にとりいれなかった曲についても受付ます。ゲストをお招きする予定です。

60min.

加藤 哲子(さとこ)

講師

私の指導のモットーは、レッスンや講座を受けたことにより、やる気やインスピレーションをもってもらえる時間を提供すること。理解を深める事によって、自分でチャレンジしてみていただければ幸いです。見真似のレッスンではなく、ファンタジーや自分の個性を認識して、実力をつけていって欲しいと願います。

1講座 のお申し込み

1回の講座は、2500円で、お好きな講座だけご参加でも可能です。(録音も同料金です。)資料と必要であれば楽譜をお送りします。

5講座一括のお申し込み

5回の講座に参加したい方は、料金が割安になります。全1万円。
(録音も同じ料金です。)
毎回資料と必要であれば、楽譜をメールでお送りします。

お申し込み

右のお申し込みフォームにお名前とメールアドレス、希望講座を書いて、送信をして下さい。
迷惑メールを避けるため、足し算の答えをお願いします。

セミナーの費用は、手数料なし。
ゆうちょ銀行に振り込みをお願いします。
お申し込み後に請求書をお送りします。

ご記入ください。

11 + 15 =